Menu

開業祝の花輪の由来

開業祝いでよく贈られる花輪は、大型の花飾りのことが多いです。しかし、花輪は英語で「リース」と呼びますが、これは大型の花飾りだけではなく、「花冠」も指します。そして花輪の風習は、古代ギリシャの頃より始まりました。 古代ギリシャの頃、魔除けとして冬でも枯れない常緑樹の葉を冠にしていました。これが「リース」の始まりです。その後花を付け加えて「花輪」となり、古代ローマの頃には勝者に対して「表彰」の意味を込めて「花冠」を贈るようになりました。また、祝い事や葬儀の際も花輪を飾るようになりました。 その後、慶弔の際に花を飾る風習はキリスト教に引き継がれました。キリスト教ではそれぞれの花にキリスト教的な意味が込められるようになり、花輪を墓地に飾るようになりました。 そして大正時代、日本の葬儀会社によって慶弔の際に花輪を贈る風習が広まりました。そして現在、葬儀や開業祝いの際に花輪が飾られるようになっているのです。 なお、花輪の周りには葉っぱのようなものがついていますが、この葉には「矢羽」という名前が付けられています。矢が的を射るように、「大当たり」するという意味にもとることができます。また、大きな花輪は人の目を引き、客寄せの効果も期待できるため、明るい色の花輪は開業祝いの定番となっています。