Menu

開業祝いでやってはいけないこと

友人・知人が事業を始めるときには開業祝いを送ることで、相手に気持ちを伝えることが出来ます。しかし、とにかくなんでも贈れば良いというものではなく、品物や添えるものに気をつけなければ、相手に失礼となる可能性もあります。 絶対にやってはいけないこととしては、宛先に書く会社名や代表者名については、文字や前株、後ろ株などは、事前に確認しておき正確に表記できるようにしておきましょう。 また、文字を書く時に赤い色を使うことは、赤字を連想させるということで、開業祝いとしてはふさわしくありません。大きさがあって場所をとる品、支えが必要になるような品だと、相手に迷惑をかけるかもしれません。十分なスペースがあるならば、受け入れてくれることもありますが、そうでないならば出来るだけ省スペースになるよう心がけましょう。 品物としては贈ってはいけないものとして、マットなど下に敷くものは贈り物としてふさわしくありません。またライターや灰皿など火に関連するもの、赤い花なども、火事や火の車を連想させるものですからあまり縁起の良くないので開業祝いにはふさわしくないので裂けましょう。 ナイフ、カッター、包丁などの刃物類は結婚式でもそうですが、縁を切るということを連鎖させるので、開業祝いにふさわしい品ではありません。 これらのやってはいけないことに注意をして、ふさわしい品の選定と贈り方をするようにしましょう。