Menu

短期間で卒業出来る合宿免許

多くの免許を取得出来ます

合宿免許タイプの教習所は、普通自動車を筆頭に、数多くの運転免許を取得出来る施設として知られています。入所可能な条件は、18歳以上(大型自動車は21歳以上で普通自動二輪車は16歳以上)・視力や聴力といった検査に合格する事・教習所近くに住んでいない事などが挙げられます。更に、入学から卒業までは毎日連続して通う事がルールになっていて、一部では一旦自宅に戻れたり、一日だけ休日があったりする合宿も存在します。

普通自動車の合宿期間は、他の免許保持無しの場合だとATが15日程度・MTが16日程度であり、朝から夕方まで毎日学科と技能の各教習に取り組めます。合宿期間の日中は、ずっと教習所に滞在出来る事から、技能面(坂道発進やS字カーブなど)で不安に感じる事や、学科で分からない事があればすぐに教官に聞ける事が、合宿参加の大きなメリットと言えるでしょう。

予約方法や料金について

予約は、電話・インターネットでする事が可能で、インターネットで予約した場合は、折り返しオペレーターから電話が掛かってきて申し込みが完了します。合宿免許は、学生の長期休みに利用が集中する繁忙期があり、その時期に利用を予定している場合は、早いうちに申し込みを終えておくのが良く、利用の2~3か月程度前までにしていると高確率で入所出来ます。料金は、繁忙期とそれ以外の時期でやや異なっていて、繁忙期に関しては30万円から35万円程度が相場で、繁忙期以外は20万円から30万円程度が一般的です。

これらは1人で申し込んだ際の料金設定であり、友人や恋人と一緒に申し込んでおけば、5千円や1万円のキャッシュバックや割引を受けられる合宿が増えています。更に、普段から料理をする習慣がある若者は、寮で料理が出来る自炊プランを選んでおくのが良く、通常プランより1万円程度割安です。自炊プランは、調理器具に関しては準備してもらえるものの、食材については教習生自身で調達する必要がある点に注意して申し込むようにしましょう。

滞在中の食事はどうなっているか

合宿期間中で最も楽しみたい事は、入所日から卒業日まで提供してもらえる毎回の食事です。合宿によって提供スタイルが異なっていて、朝晩をホテルや寮のレストランで食べ、昼を教習所の食堂で食べるタイプが最も多く、一部では3食全てを提携飲食店で食べるタイプもあります。最近では、食事の美味しさを売りにしている合宿(サイトで料理の写真を紹介)もあるので、食いしん坊な教習生は食事面を重視すると最後までストレスなく過ごせるでしょう。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう