Menu

持ち物の工夫で合宿免許が快適になる

宿泊施設のすべてが快適な環境とは限らない

合宿免許は自動車教習所などが用意した宿泊施設に泊まり込んで講習を受けるプランです。自宅から離れて宿泊施設に泊まり込む形になりますが、講習の内容に違いはありません。また、宿泊施設の利用についても食事や入浴のサービスが提供される所がほとんどなので、自宅にいるときとほぼ同様の快適なひと時を過ごすことができます。しかし、すべての合宿免許が快適な宿泊施設を用意しているとは限りません。物置小屋や指導員の自宅を宿泊施設の代わりにしたり、食事や入浴のサービスが無い所も存在します。人里から遠く離れた山奥に位置しているので近隣に商店はおろか、自動販売機すら無いというケースも稀にあるので注意が必要です。いくら料金が割安でも環境が良くなければ運転に必要な知識や技能を得ることは困難なので、合宿免許に参加する際は必ず詳細を確認するように心がけます。

長期間の泊まり込みに便利なグッズについて

合宿免許は最短でも二週間ほどの日数を要するので、その間の生活に必要な物は予め用意しておくのが賢明です。宿泊施設の近隣に必ずしも商店があるとは限らないので、よほど嵩張る物でも無い限り、必要な個数はすべて用意しておくことを心がけます。衣類やタオル類は洗濯ができない可能性を考慮して多めに用意する他、衛生用品も余裕を持って購入しておくのが良い判断です。男性ならヒゲ剃り用品、女性はコスメセットを忘れてはいけません。また、二股以上の延長コードがあればコンセントが少ない所でもスマホの充電を効率的に行うことができます。雨天時に使用する傘や衣類を吊るすハンガーも持ち込んでおけば便利です。使いたい物が宿泊施設に常備されているとは限らないので、少し多めに用意しておくのが快適に過ごすための工夫になります。

空き時間を快適に過ごすことも忘れてはいけない

合宿免許は一日のすべてを講習に費やすわけではありません。効率性を重視したスケジュールが組まれていますが、それでも夕方以降は次の日まで自由時間扱いになる所がほとんどです。学科講習の予習や復習に費やすのもひとつの方法ですが、他の参加者と交流を深めるのも合宿免許の醍醐味です。そのため、複数人で遊ぶことができるグッズを用意しておけば空き時間を楽しく過ごすことができます。おもちゃ屋などで売られている、折り畳み式の将棋盤や麻雀セットなどのボードゲームがあれば多くの人と楽しめます。近年ではスマホでゲームを楽しむ行為が広く普及していますが、充電が必須な行為でもあります。宿泊施設によっては充電器など電気製品の扱いに制限を設けている所もあるので注意が必要です。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう