Menu

合宿免許に通った場合の一日のスケジュール

合宿免許の一日の流れ

合宿免許の一日の流れに関しては基本的に最初に配られる時間割に則って行動します。学科や技能などの教習は時間割に全部割り振られているのでスケジュール通りに行動していれば勝手にすべての学科と技能の教習が受けられるようになっています。実際の一日の流れは各合宿所が組む時間割によって多少異なりますが、朝は朝食の時間までに起床しなければいけません。そして起床後は朝食を食べ、午前中の教習を受けます。午前中の教習が終わったら昼食になり、昼食後は午後の教習、そして夜の教習を受けて夕食を食べます。夜の教習を受け、夕食を食べた後は決められた就寝時間まで特に決められたスケジュールはありません。ちなみに1回の教習時間は50分間で学科と技能併せて一日にだいたい4回から6回程度の教習がある場合がほとんどです。

空いた時間の過ごし方をどうするかが快適に過ごすための秘訣

合宿免許に通っている間は先の段落にも説明した通りスケジュールが朝から晩までかなり詰まっています。とはいえ、まったく自由な時間がないわけではありません。スケジュールによっては次の教習までに1時間から2時間程度自由な時間があったりしますし、最後の教習が終われば就寝時間までは自由時間です。また教習所によっては平日は最後の講習までみっちりスケジュールが組まれている代わりに土日などが丸一日自由な時間となっていることもあります。

自由な時間をどのように過ごすかが合宿免許中の生活を快適に過ごせるかどうかを大きく左右するといっても過言ではありません。どのように過ごすかは合宿免許でどれくらい自由な時間を確保できるかによりますが、最も多い自由時間の過ごしかたは予習や復習などの自習です。合宿免許はとにかく免許を取得するまでの期間が短いのでわからないことが溜まっていくと免許を取得するのがどんどん困難になっていきます。特にやりたいことが思い浮かばないのであれば自由時間をすべて自習に費やすという気持ちで挑んでもよいでしょう。

また合宿所にはパソコンや漫画などが用意されている休憩室が準備されていることもあるので、教習の合間にそこで過ごしている人たちも多いです。もちろん自由時間は携帯電話も好きに使えるので携帯電話でLINEやSNSをするという人もたくさんいるでしょう。そして丸一日自由時間を設けている教習所は合宿する場所が観光スポットの近くになっていることが多いので観光地に出かけてちょっとした旅行気分を味わうのもよい方法です。しかし楽しみだけを優先し、勉強がおろそかにならないように気をつけましょう。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう