Menu

合宿免許で憧れの自動車免許を短期で取得!

まずは免許区分をチェック!合宿免許では幅広い種類の免許を取得できます

合宿免許ではさまざまな自動車免許の取得が可能です。まず大きなカテゴリー分けとして、普通自動車を運転できる「第1種運転免許」とバスやタクシーといった旅客運送を扱う「第2種運転免許」があり、さらに第1種運転免許、第2種運転免許の中にも、さまざまな免許が用意されています。第2種運転免許の取得には第1種免許取得後3年の期間が必要です。そのため、これから運転免許を取得する人は、まずは第1種運転免許の取得から目指すことになります。

第1種運転免許で取得できるのは、普通自動車、大型自動車、中型自動車、準中型自動車のほか、大型特殊自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車、牽引免許などです。普通自動車免許取得後は、普通自動車並びに50ccまでの原動機付自転車、排気量1.5L以下のトラクターやフォークリフトなどが運転できるようになります。また、大型自動車免許を取得すれば積載量6,500kg以上、中型自動車なら4,500kg以上 6,500kg未満、準中型自動車では2,000kg以上 4,500kg未満のトラックやバスの運転が可能です。さらに大型特殊自動車の免許を取得すれば、大型クレーンや除雪車といった特殊な車が運転できるほか、けん引免許があれば総重量750kg以上の車やコンテナを牽引できるようになります。このうち、大型自動車は普通自動車免許取得から3年、中型自動車は2年の期間が必要となりますが、準中型など、その他の免許は18歳からでも取得できます。これから免許の取得を目指す人は、まずは自分が免許取得資格を満たしているかどうかをチェックしておきましょう。

2種免許とは!取得後は幅広い職種で資格を活かせます

タクシードライバーやバスの運転手など、人を乗せて走る仕事に就く場合は、2種免許を取得しておかなくてはなりません。第2種普通免許の種類には、普通第2種免許、中型第2種免許、大型第2種免許などのほか、牽引第2種免許や大型特殊第2種免許などがあります。また、普通第2種免許はタクシー業務など、中型第2種免許や大型第2種免許はトラックやバスの運転に必要な資格です。牽引第2種免許や大型特殊第2種免許は、主に運送業界や観光業界などで重宝される資格で、これらの免許があれば、大型貨物トレーラーや旅客雪上車などを運転することができます。これらの2種免許を取得するためには、大型免許、中型免許、準中型免許、普通免許または大型特殊免許を現に取得していることが前提です。さらに取得には満21歳以上であること、第1種免許の取得から3年が経過していること、以上のような要件も満たしておく必要があります。

最短2週間での取得も可能!費用を大幅に節約できるのも合宿免許の大きな魅力です

教習所を利用すれば、自動車免許は理論上、2週間ほどで取得することも可能です。ただ、ほかの受講生などのスケジュールもあるので、通常は1ヶ月半から2ヶ月程度はかかります。もし、免許の取得を急いでいるなら、合宿免許の利用を検討してみましょう。合宿免許なら集中的な教習が受けられるので最短2週間でも免許の取得が可能です。また、合宿免許には教習時間、教材費などが少なくすむため、免許取得にかかる費用を圧縮できるというメリットもあります。短期間で集中的に学べるため、教習で学んだことを、本試験ですぐに活かせるという点も合宿免許の大きな魅力です。

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!