Menu

開業祝いとは

開業祝いとは、これから事業を始める人や開業したばかりの人に贈るお祝いです。今後事業が上手くいくことを願う気持ちを込めて贈ります。贈り方や贈る品に厳密なルールはありませんが、慣習やタブーは存在します。それを理解しないまま、闇雲に送ってしまうと相手に失礼な印象を与えかねません。また逆に、喜ばれることが多い品もあるので、これから開業祝いを贈る予定があるなら把握しておいたほうが良いでしょう。 喜ばれることが多くて定番になっているのは商品券です。商品券のような金額が分かるものを贈ることは無粋だと考える人もいるかもしれません。しかし開業資金のやりくりに困っている事業主は、商品券をもらうと助かると感じる人も少なくありません。確実に役立つことが分かるっているので、贈る側の独りよがりにならずに済みます。

また同様の理由で、カタログギフトもよく選ばれる品の一つです。贈る側からすると、商品券のように露骨に金額を相手に知られずに済むメリットがあります。なるべく交換できるギフトの種類が多いものを選ぶのがポイントです。事業主の私生活だけでなく、事業に活かせそうなギフトも選べるものが好ましいです。 また花も定番の開業祝いの一つです。開業したての店舗の入口などに、花が飾られているのを見たことがある人は多いでしょう。飾ると華やかな雰囲気になるので、前途を祝して贈るのにふさわしい品といえます。ただし注意が必要なケースもあります。開業するのが飲食関連の事業の場合、花の香りが仕事に悪影響を及ぼすかもしれません。そのため特にこだわりがなければ、飲食関連の事業を行う人には花は贈らないほうが無難です。どうしても花を贈りたい場合は、ドライフラワーなどにしておくのも一つの手です。 また屋号や事業主の氏名などが入った品を用意するケースもよくあります。オフィスでの仕事が事業の中心の場合は、掛け時計などをプレゼントすると喜ばれます。ただしオフィスの雰囲気に合わないと使いにくいので、選ぶのにセンスが必要になるでしょう。事前にオフィスの写真などで見せてもらうと参考になります。

このように喜ばれる品は多くありますが、それらの品であっても色については注意しなければなりません。赤が強調されている品は避けるようにしてください。赤字をイメージさせるので縁起が悪いと言われているからです。このように受けとったときの気持ちを考えて選ぶことが、開業祝いの選び方の基本といえます。